熊本県|八代市|心療内科|精神科|内科|放射線科|医療法人社団 平成会 平成病院

qrcode.png
http://heiseikai-k.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
医療法人社団 平成会 平成病院
〒866-0895
熊本県八代市大村町720-1
TEL.0965-32-8171
FAX.0965-32-8172
心療内科・精神科・内科・放射線科
122574
 

記事一覧

 

記事一覧

記事一覧
フォーム
 
【平成病院】 新型コロナウイルス感染症クラスターについて(第4報)
 
平成病院 新型コロナウイルス感染症クラスターについて(第4報)
 
 この度は、当院で発生しました新型コロナウイルス感染症クラスターにつきまして、さらに感染の拡大を認め、患者様、そのご家族様をはじめ、各関係機関の皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。
 また、地域の皆さまにも多大なご心配をおかけしており、心よりお詫び申し上げます。
 ホームページを通して、経過をお伝えしておりますが、十分にお伝えできず、連日ご心配をおかけしております。どうぞご不明な点などございましたらお申しつけ下さい。できる限り対応させていただきますので、何卒ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。
 
【令和4年2月1日時点】
 認知症治療病棟 入院患者様 32名陽性(うち1名は1/27転院、前日より4名増加)
       新たに微熱の方3名抗原検査施行し、3名とも陽性
       発熱はないが疑われる方2名PCR検査提出し、うち1名陽性
 
 認知症治療病棟関連 職員    17名陽性(前日より2名増加)
       2名増加のうち1名は、前回検査まで陰性でしたが、発熱あり、抗原検査にて陽性の結果
       でした。
       もう1名は認知症治療棟へ勤務後、体調不良のため出勤しておらず、下記の認知症治
       病棟以外の全職員のPCR検査に加えて1/31に提出しております。
 
 認知症治療病棟以外の全職員のPCR検査結果
       1/30  75名実施      75名陰性
       1/31  65名(+1名)実施  65名陰性 (+1名)は、認知症治療病棟関連者
       2/1   4名実施       4名陰性
        (未検査 残り2名)  
 
 コロナウイルス感染症の内服治療薬が昨日も5名分届きました。発症日をday0とし、経過をみていきますが、できれば早期に使用したいため、微熱の方3名の抗原検査、発熱はないものの、合併症のリスクの高い方2名にPCR検査を実施しました。残念ながら、微熱の方は3名とも陽性でした。また、発熱はないがリスクの高い方1名も陽性でした。どの方も前回までの検査では陰性であった方々です。しかし、大切なのは、新規感染の拡大を少しでも早く確認して患者様の治療を行うことですので、早速、内服可能な3名の方々にはご家族の同意を頂き、昨夕より与薬を開始し、前日から内服開始となった5名の皆さまも含め、8名の方々に大きな副作用などの変化なく順調に経過されています。引き続き、注意深く観察していきます。
 
 認知症治療病棟内は、大きなデイルームとそれを囲むように病室があります。患者様方が自由に歩かれるように病室の前がなだらかなカーブの廊下となっています。現在、日中はほとんどの方が中庭の見えるデイルームで過ごされています。数名の方は、病室で臥床されており、その中で酸素吸入が必要な方は2名です。いずれも今朝は、低流量となっており、報告を受けて朝から何だか元気をもらいました。患者様方のケアを、他部署から色々な職種の職員が一生懸命、お顔と名前を覚えながら、優しく関わってくれています。少しずつですが、病棟内の空気がやわらかくなってきた印象を受けました。
 
 病院全体としましては、まだまだ人員不足のため、本日も外来業務の縮小(診察診療の縮小・デイケアと作業療法の中止)と、DPAT(八代更生病院より1名、あおば病院より2名派遣いただいております。)のお力を借りて、認知症治療病棟以外の病棟の入院患者様へのストレスを最小限に、いつもどおりの毎日を送っていただけるよう努めたいと思います。
 
 クラスター発生当初より、八代保健所、八代医師会、県の障がい者支援課、熊本精神科協会の皆さまには、大変ご多忙な中にも温かい励ましのお言葉、ご協力をいただいており、心より感謝申し上げます。
 
 当院の状況をご心配いただく声や、ねぎらいのお言葉を頂くたびに、申し訳ない気持ちと同じくらい、
1日でも早く皆さまに安心していただくために頑張らねば!という力が湧いてきます。本当にありがとうございます。職員一同、こころと力を合わせて本日も頑張ります。
      
令和4年2月2日 
   医療法人社団 平成会 
理事長 新井浩子 
 
【平成病院】 新型コロナウイルス感染症クラスターについて(第3報)
 
平成病院 新型コロナウイルス感染症クラスターについて(第3報)
 
 この度は、当院で発生しました新型コロナウイルス感染症クラスターにつきまして、さらに感染の拡大を認め、患者様、そのご家族様をはじめ、各関係機関の皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。
 また、地域の皆さまにも多大なご心配をおかけしており、心よりお詫び申し上げます。
 早速ですが、昨日からの経過をご報告申し上げます。
 患者様、ご家族様、地域の方々には、当院からの情報伝達が不十分なため、連日ご心配をおかけしておりますが、どうぞご不明な点などございましたらお申しつけ下さい。できる限り、対応させていただきます。何卒ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。
 
 令和4年1月31日時点で、入院患者様28名(うち1名は1/27転院)、職員15名(前日より1名増加)の感染が確認されました。
 八代保健所のご指導の下、1月30日実施された75名の職員のうち12名が陰性、残りの63名の提出分は結果待ちの状況でしたが、昨日全員の陰性との報告を受けました。
 31日も引き続き認知症病棟以外の全職員のPCR検査を66名実施し、結果を待っている状況です。残りの検査対象者は6名です。八代保健所・医師会のご配慮で、無理を押して一日に多数の検査をおこなっていただいており、本当にありがとうございます。
 
 結果待ちであった全員が陰性との安堵の知らせもつかの間で、午後、認知症治療棟の職員1名の感染が判明しました。当職員は、初めの病棟関係者一斉のPCR検査にて陰性の結果を受けていましたが、その後、発熱あり、他医療機関において抗原検査にて陽性と判定されました。発熱した時点で病棟への勤務はしておりませんが、一旦陰性と判定された後の感染陽性の報告に詰所内の空気のながれが一瞬止まりました。「明日は我が身」という言葉がみんなの心に浮んだことでしょう。当職員の体調も気になりますが、療養中の職員の健康管理の担当者にしっかりとフォローはゆだねて、気持ちを切りかえて仕事モードに戻しました。
 
 クラスター発生の認知症病棟につきましては、昨日待望の内服治療薬が5名様分到着しました。薬剤部が機転を利かせて立ち回ってくれたおかげです。本薬剤の流通が不安定とのことで、保健所からもご心配いただきました。ありがとうございます。
 何分、新薬であり、適応、効果、副作用についてまだわかっていないリスクがあります。しかし、高齢で、合併症をお持ちの患者様に1日でも早く元気を取り戻していただくために使用することを、それぞれのご家族様にご連絡し、同意いただいた上で昨夕より開始いたしました。幸いこれまでのところ、5名様ともアレルギーなど急性の変化はみられておりません。内服の場合、使用したい患者様の中で嚥下状態の良い方となると、限られてきます。また、発症から6日目以降に開始した場合は有効性が裏付けされていないことから、それぞれの患者様によって、使用可能な期間がさらに限られます。新薬に期待しながらも、患者様にとって有害事象が出現しないか、効果がみられない可能性もあるのではないか、という緊張感をもって、注意深く、観察してまいります。
 入院患者様のご家族におかれましては、ご心配をおかけして申し訳ありません。できる限り、職員よりお電話にてご病状やご様子をお伝えするよう努めておりますが、まだまだ不十分と思います。何時でも結構です。ご心配な場合はいつでもご連絡ください。その時間に対応できない場合は、後ほどこちらから折り返しご連絡いたします。どうか、ご理解ご協力のほどをお願い申し上げます。
 
病院全体としましては、昨日は月曜でもあり、外来業務の縮小(診察診療の縮小・デイケアと作業療法の中止)については、皆様に大変ご迷惑をおかけしました。今後しばらくは、この体制かと思われます。外来・入院での精神科疾患の診療に最も大切な、患者様方との対話ができていない現状を、大変心苦しく、申し訳なく思います。現在、医師はそれぞれに役割を持ち、患者様の診療に携わっておりますので、ご病状の変化など、躊躇されずに、近くの職員にお申し出ください。できる限り迅速に対応いたしますので、どうぞよろしくお願いします。
 
 クラスター発生当初より、八代保健所、八代医師会、県の障がい者支援課、熊本精神科協会の皆さまには、大変ご多忙な中にも親身になってご協力いただいており、心より感謝申し上げます。
 昨日からのDPAT(益城病院、八代更生病院より4名)派遣に引き続き、本日はあおば病院より貴重なスタッフを派遣していただくことになっています。どこの医療機関でも職員不足のある中、この窮地を救ってくださる皆さまに感謝、感謝の毎日です。ありがとうございます。この数日間、一緒に働く仲間がいる、人がいるだけでこんなに安心できるものなんだとつくづく感じています。
 
 クラスター発生時には、熊本県感染管理ネットワークを通じて、くまもと心療病院から感染管理認定看護師の方が駆けつけて下さいました。的確なアドバイスと落ち着いたお話しぶりで、不安で舞い上がっている私たちを、ふんわり軌道修正していただきました。(その後もご自分のお仕事の合間にもこちらのことを気遣っていただいて、温かいお声かけを頂いております。ありがとうございます!)。昨日は、認知症治療棟の90代の女性の患者様が、おそらく職員のせわしく動く異様な雰囲気を敏感に感じ取られ、「私は、寝とってよかっかい、なんかせんばん時は言うてよ、甘えて寝とってよかっかい、ごめんね」と言われ、はっとさせられました。職員の不安は患者様に直に伝わります。心療病院の認定看護師さんのお顔が思い浮かびました。今一度、気を引き締めて、そして心にはゆとりを持って、職員たちの不安にも寄り添いながら、取り組んでいこうと思います。
 
 改めて、平成会が地域の皆さまに支えられていることを実感します。いつの日か、私たちも皆さまに恩返しできるよう、体調管理に留意しながら本日も活動いたします。
       
令和4年2月1日 
   医療法人社団 平成会 
理事長 新井浩子 
 
【平成病院】 新型コロナウイルス感染症クラスターについて(第2報)
 
平成病院 新型コロナウイルス感染症クラスターについて(第2報)
 
 この度は、当院で発生しました新型コロナウイルス感染症クラスターにつきまして、さらに感染の拡大を認め、患者様、そのご家族様をはじめ、各関係機関の皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。
 また、地域の皆さまにも多大なご心配をおかけしており、心よりお詫び申し上げます。本日より、改めて外来縮小について提示いたしますが、何卒ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。
 
 令和4年1月30日時点で、入院患者様28名(前日の訂正)、職員14名(前日より1名増加)の感染が確認されました。八代保健所のご指導の下、昨日75名の職員のPCRを実施しました。うち12名が陰性、残りの63名の提出分は結果待ちの状況です。本日も引き続き認知症病棟以外の全職員のPCR検査を実施予定です。
 
 クラスター発生の認知症病棟につきましては、認知症の患者様のマスク着用は困難であるため、病棟全体をレッドゾーンとしてとらえ、他部署からの応援の職員を導入し、さらに感染対策を強化し、見守りや治療を継続しています。
 入院患者様のご家族におかれましては、ご心配いかばかりかと存じます。できる限り、職員よりお電話にてご病状やご様子をお伝えするよう努めておりますので、どうか、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 
 職員の感染につきましては、コロナ感染対策として、「これまでの通常の概念」を、感染対策あっての日常を、「新しい通常の概念」として周知し、当院独自の感染対策のフェーズを作成し、慎重に慎重を重ね対応してまいりましたが、このような事態となり、コロナウイルス感染防御の厳しさと、さらなる対策強化の必要性を痛感しております。
 今回、感染対策の最前線で頑張っていた職員たちの陽性の結果を受け、私たちもショックを隠し切れませんが、自宅療養となった職員の思い、そのご家族様のご心情に報いるためにも、全職員力を合わせて、1日1日最大限に努力してまいります。
 
 病院全体としましては、認知症治療棟への職員導入のため、外来業務の縮小(診察診療の縮小・デイケアと作業療法の中止)を行います。また新規入院については、各病棟の職員のPCR検査結果を確認後、再開予定です。
 
 クラスター発生当初より、八代保健所、八代医師会、県の障がい者支援課、熊本県精神科協会の皆さまには、大変ご多忙な中にも親身になってご協力いただいており、心より感謝申し上げます。昨日からの、認知症病棟以外の職員の一斉PCR検査に引き続き、DPAT導入にも迅速に動いていただきまして、早速本日より、益城病院、八代更生病院より貴重なスタッフを計4名派遣していただくこととなり、心強い限りです。ありがとうございます。
 
 青い防護服だらけの殺伐とした認知症治療棟のなかで、患者様のほっこりとした笑顔に心が救われます。「患者様の命を守る」という使命を、深く心に刻んで、本日も活動いたします。  
       
令和4年1月31日 
   医療法人社団 平成会 
理事長 新井浩子 
 
【平成病院】 新型コロナウイルス感染症クラスターについて
 
平成病院 新型コロナウイルス感染症クラスターについて
 
 この度は、当院で発生しました新型コロナウイルス感染症クラスターにつきまして、患者様、そのご家族様をはじめ、各関係機関の皆さまには大変ご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。また、地域の皆さまにも多大なご心配をおかけしていることと存じます。心よりお詫び申し上げます。
 
 令和4年1月29日時点で、入院患者様26名、職員13名の感染が確認されました。
 入院患者様においては、ご高齢であり、合併症など重症化するリスクの高い方もあり、引き続き注意深く治療をおこなってまいります。
 なお、微熱の方を含め、新たな有熱者を認めており、さらに拡大傾向にあることから、他の病棟への感染拡大を避けるため、職員全員のPCR検査を実施することとなりました。現在、八代保健所のご指導のもと、順次開始予定です。
 
 これまで以上に感染陽性者、濃厚接触者にあたる職員が増え、マンパワーが不足しておりますが、今後熊本県障がい者支援課様のお力も借りながら、全職員一丸となって感染収束に向かって取り組んでいく所存です。
 
 最後に、各方面より、心温まる励ましのお言葉や、多数の支援物資などご協力をいただいております。感謝の気持ちを力に変えて頑張ります。ありがとうございました。
 
令和4年1月30日 
   医療法人社団 平成会 
理事長 新井浩子 
 
【平成病院】 新型コロナウイルス陽性者の発生について(第6報)
 
【平成病院】新型コロナウイルス陽性者の発生について(第6報)
 
 本日(令和4年1月28日)、当院認知症治療病棟の入院患者3名がコロナ抗原定性検査にて、新たに陽性が確認されたことをご報告します。
 現在、他の方もPCR検査施行中で判定待ちの状況です。その為、陽性者のゾーニングを広げて現在合計13名の治療しております。そのうち酸素投与している方が2名、他の方は発熱以外は全身状態は安定しています。これからも懸命に治療をしていきます。
 
 また、本日当院の職員1名に抗原定性検査にて陽性の判定が出てしまいました。
 皆様には大変ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません。今後の経過は、随時ご報告させていただきます。
 
 追伸 : 今日も様々な方、ご家族様から労いと励ましの声をいただきました。
      また、感染管理ネットワークより感染症専門看護師の派遣も頂き、専門的視点からのご助言、
      ご指導がありました。心より感謝申し上げます。
 
令和4年1月28日 
   平 成 病 院 
院長 本田荘介 
 

記事一覧~コピー

記事一覧~コピー
フォーム
 
作業療法(OT)だより  令和3年3月号
作業療法(OT)だより
 
令和3年3月号ができました
 
 
【今月のTOPICS】
 健康増進の人気者
   
 実はラジオ体操ってすごい
 
 
 
 などいろいろな情報を掲載しています。
 
 ぜひ、ご覧下さい
 
       平成病院リハビリ室一同
 
 
作業療法(OT)だより  令和3年2月号
作業療法(OT)だより
 
令和3年2月号ができました
 
 
【今月のTOPICS】
 オリジナルエプロン
 
 
 
 などいろいろな情報を掲載しています。
 
 ぜひ、ご覧下さい
 
       平成病院リハビリ室一同
 
 
作業療法(OT)だより  令和3年1月号
作業療法(OT)だより
 
令和3年1月号ができました
 
 
【今月のTOPICS】
 1年の目標(書道)
 
 
 
 などいろいろな情報を掲載しています。
 
 ぜひ、ご覧下さい
 
       平成病院リハビリ室一同
 
 
作業療法(OT)だより  令和2年12月号
作業療法(OT)だより
 
令和2年12月号ができました
 
 
【今月のTOPICS】
 実習生によるレク
 
 
 
 などいろいろな情報を掲載しています。
 
 ぜひ、ご覧下さい
 
       平成病院リハビリ室一同
 
 
作業療法(OT)だより  令和2年11月号
作業療法(OT)だより
 
令和2年11月号ができました
 
 
【今月のTOPICS】
 Autumnイベント
 
 
 
 などいろいろな情報を掲載しています。
 
 ぜひ、ご覧下さい
 
       平成病院リハビリ室一同
 
<<医療法人社団 平成会 平成病院>> 〒866-0895 熊本県八代市大村町720-1 TEL:0965-32-8171 FAX:0965-32-8172